痛みを克服する

痛みを伴う外反母趾は靴選びが鍵

外反母趾とは足の親指が内側(小指側)に曲がっていく症状を指します。外反母趾になるのは女性が多く、原因は主に靴にあると言われています。 足に合わない靴を履いていると、つま先が前滑りしてしまい靴先に入り込んで圧迫され外反母趾になりやすくなります。また、ヒールの高い靴を長時間履くことによってもつま先に負担がかかり症状を悪化させます。症状が酷い方は歩くのも困難になるくらい痛みを伴います。そのため外反母趾を防止、または悪化させないために専用の靴が販売されています。 他にも外反母趾を防いだり痛みを和らげるためのサポーターやテーピング、靴の中で足が滑らないようにする専用のインソール等も販売されています。マッサージをする事によって痛みを緩和させる方法もありますが、酷くなると手術をする場合もあります。

価格や見た目に大差なし

外反母趾を悪化させないためには自分の足に合った靴を選ぶ事が一番大切です。つま先が広くヒールが低く安定感のある物を履く事も予防策になります。これらの事を気を付けていれば専用の物を履かなくても予防できます。しかし症状が酷い場合は専用の物が必要になります。 外反母趾専用の靴は高額になるのでは、と思いがちですが、他の普通の靴と価格も見た目も変わりません。ここ数年で外反母趾の方が男女問わず増加傾向にあるので品数も豊富でおしゃれな物もたくさんあります。専用のサポーターやテーピングやインソール等も高額な物ではないので、気軽に取り入れる事ができます。 このように便利な物がたくさんあるので、自分に合った物を日常生活に取り入れていけば痛みのない楽しい生活を送る事ができます。